まもる〜のとは

入居者様の状態と居室環境を24時間モニタリングできる見守り支援型の介護ロボットです。 居室のベッドに設置したセンサーを使って、事務室のPCや手元のスマホで、入居者様の状態(眠っている、起きている、離床中)と居室環境(室温、湿度、明るさ)をリアルタイムで管理できます。

まもるーのは施設の運営に役立ちます!

☞ 入室することなく入居者様の見まもりが可能です。
・入居者様を不用意に起こすことがなくなります。
☞ 24時間モニタリングするから
・入居者様の生活パターンの変化を捉えて早めのケアが可能です。  

まもる~のセンサーとは

ベッドに設置する高感度エアバッグセンサーと各種環境センサーを備えた本体からなる見守り機器です。 ベッドの上にいる入居者様の状態を見守り、「眠っている」「起きている」「離床した」を24時間モニタリングします。 環境センサーとして温度・湿度・明るさ・気圧をモニターします。

  • ベッドマットの下に設置する非拘束タイプです。
  • カメラタイプと違い、入居者様のプライバシーが守られます。
  • 無線通信なので、設置や移動も簡単です!
  • 導入しやすいWiFiを採用しています。

まもる~のステーションとは

パソコン上で、各居室に設置したまもるーのセンサーを利用するための管理アプリです。

  • 一括モニタリング   
    各居室の入居者様の状態(睡眠・在床・離床)を表示します。
  • イベント通知   
    徘徊検知、温度異常、湿度異常が起きたときにアラーム通知します。
  • 睡眠記録   
    過去6カ月間の入居者様個別の睡眠データを記録します。

ココがポイント!

  • 操作が簡単!ぱっとわかりやすい画面と操作で、ITに慣れてないスタッフ様も使いこなしやすい工夫を凝らしています。
  • パソコン1台で約50名(モニター解像度に依存)までの管理ができます
  • 複数台のPCを連携させて大規模な施設の管理もできます

まもる~のポケットとは

  • PC画面をスマホで確認できる
  • 作業記録をその場で入力・確認
  • スタッフ同士の連絡もらくらく
  • 音声とカメラで簡単記録

システム連携

ナースコールや介護ソフトとの連携も可能です。
詳しくはお問い合わせください。