介護施設向け見守りシステム

まもるーの

  • HOME
  • まもる〜のとは?
  • 製品情報
  • ブログ&NEWS
  • FAQ

介護ロボットとは?

まもる〜のは厚生労働省「介護ロボット支援特別事業」(平成27年度補正予算)に
採択された見守り支援型の介護ロボットです。

この「介護ロボット」とは、何を指すのでしょうか。
厚生労働省では、『ロボット技術を活用し、従来の機器ではできなかった優位性を発揮するもの』と定義しています。

介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)
「介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業」における支援対象介護ロボットの例示について

つまり、ロボットと聞いて一般的に思い浮かべる人型・動物型のロボットに限らず、センサー等で対象物の
状況を確認でき、その情報を解析できるものを、介護の業界では総じて「介護ロボット」と呼んでいます。
まもるーのは、その中でも『見守り支援機器(介護施設型)』の介護ロボットとなります。

見守り支援型の介護ロボットの機能説明

  • ・複数の要介護者を同時に見守ることが可能。
  • ・施設内各所にいる複数の介護従事者へ同時に情報共有することが可能。
  • ・昼夜問わず使用できる。
  • ・要介護者が自発的に助けを求める行動(ボタンを押す、声を出す等)から得る情報だけに依存しない。
  • ・要介護者がベッドから離れようとしている状態又は離れたことを検知し、介護従事者へ通報できる。
  • ・認知症の方の見守りプラットフォームとして、機能の拡張又は他の機器・ソフトウェアと接続ができる。

(「介護ロボットポータルサイト」より抜粋)