導入事例

まもる~のStation

夜間巡回の負担軽減!
期的な勉強会で理解を深めています。

特別養護老人ホーム むさしの園

社会福祉法人 至福の会
施設長 大野 裕一 様

まもる~のを導入したきっかけを教えてください。

当時、プライバシー改修(多床室の間仕切り設置)の工事を行ったのですが、プライバシー改修をしてしまうと壁で区切られてしまい今までよりも利用者様に目を配れなくなってしまうという課題がありました。加えて職員の業務負担の軽減のためにも見守り機器を取り入れようと考えたのがきっかけです。
ちょうど山形の介護事業者を視察したときに「まもる~の」をご紹介いただき、「これはいいなあ」と思いました。知り合いの事業所では他社製品を導入していて、そちらと比較もしてみましたが、「まもる~の」を導入している埼玉県の特養の施設長にヒアリングしたところ、「色々見学したがまもる~のが一番よかった」というお話もお聞きしたので、間違いないと感じ導入に至りました 。

「まもる~の」の勉強会などを定期的におこなっていると
お聞きしています。

事業所内で「まもる~の」のプロジェクトチームを立ち上げて勉強会を行っています。現在も皆で「まもる~の」の状況を確認したり、勉強しながら業務に臨んでいます。当事業所は4チームに分かれて業務を行っているのですが、1チームずつ「睡眠」や「夜に寝ない人」などテーマを決めて検証し、2か月に一度の会議で共有することでより理解を深めています。今はいただいたマニュアルを元に、独自のマニュアルを作成している最中です。

今後はどのように「まもる~の」をご活用されていくのでしょうか。

職員の夜間巡回の負担軽減だけでなく、当事業所は看取りも行っているので、看取りにも活用したいと考えています。「まもる~の」は利用者様の離床状況だけでなく、生体データなども確認できるので役立てていきたいです。

施設紹介

特別養護老人ホーム
むさしの園

社会福祉法人 至福の会

埼玉県狭山市南入曽1044-1
TEL:04-2956-7770
https://www.e-musashinoen.com/

入居者様のニーズに合わせたケアを目標に、笑顔を絶やさず質の高いサービスを提供します。